プロダクト
私達について
工場旅行
品質管理
私達に連絡して下さい
見積依頼
ニュース
Guangxi Henkry Machinery Co., Ltd
ホーム ニュース

コータによる上塗を施してある炭酸カルシウムの粉の利点

あなたの親切な厚遇をありがとう。 あなたの会社は非常に専門、私達近い将来に持っています素晴らしい協同をです。

—— Audrey Vespe

の前の生産の過程においてそして郵送物、私達のプロダクトの各自はプロダクトの最適の質を保障する非常に厳密な専門のテストです。

—— アンドルー

オンラインです
会社 ニュース
コータによる上塗を施してある炭酸カルシウムの粉の利点
最新の会社ニュース コータによる上塗を施してある炭酸カルシウムの粉の利点

炭酸カルシウムのコータの働く原則

 

 

 

 

 

 

炭酸カルシウムの粉と修飾語間の炭酸カルシウムの粉および増加衝突を分散できる炭酸カルシウムのコータの部屋のせん断、衝突、空気渦および摩擦の組合せがある。炭酸カルシウムの粉および修飾語の混合の時は空気渦によって増加することができる。そして温度は炭酸カルシウムの粉と修飾語間の衝突の助けによって適した程度で保つことができる。

高度の人工知能技術がすべてのプロセス パラメータおよびmodifier&powderの与えレートを調節するのに使用されている。これは修飾語の吸収を炭酸カルシウムの粉の表面に達成し、変更された粉の質の安定を助けることができる。

 

 

 

 

 

 

塗られた炭酸カルシウムの粉は複合材料の生産の非常に重要な役割を担う。

 

 

 

 

 

1) 上塗を施してある炭酸カルシウムの粉によって複合材料の剛性率を改善しなさい

塗られた炭酸カルシウムの粉は複合材料のflexural強さ、flexural係数、硬度、耐久性および他の特性を改良できる。プラスチック フィルムのために、複合材料の剛性率の改善はフィルムの滑らかなカールを促すフィルムの剛さを顕著な増加できる。

(2)は上塗を施してある炭酸カルシウムの粉によって複合材料の寸法安定性を改善する

寸法安定性の改善は収縮の反映され、そりを減らし減少に、線形拡張の係数を減らし、クリープを減らす、等方性、等を支持することは炭酸カルシウムの粉の詰物にかなり寸法安定性を改善できる塗った。

(3)は上塗を施してある炭酸カルシウムの粉によって複合材料の熱抵抗を改善する

塗られた炭酸カルシウムの粉は上塗を施してある炭酸カルシウムが分解を促進する物質を吸収できるので合成物の熱安定性を改善できる。例えば、PBAT/calciumの炭酸塩の合成物の熱安定性は純粋なPBATのそれよりかなり高い。特にポリ塩化ビニール プロダクトに軽い炭酸カルシウムを加える別の例は、分解によって発生する塩化水素を非常に吸収し、ポリ塩化ビニールの処理の熱安定性を改善できる。

(4)は上塗を施してある炭酸カルシウムの粉によってフィルムの破損抵抗を改善する

一般的なプラスチック フィルムに高い縦方向の強さの欠点があり、低い横断強さ、特にPBSは、PLAのPHAの脂肪性のポリエステル・フィルムより明らかである。炭酸カルシウムを加えた後、複合材料の等方性のある程度は改善し破損抵抗の性能は明らかに改善することができる。

 

 

 

 

 

 

炭酸カルシウムのコータによって満足な修正の効果を達成する方法か。

 

 

 

 

 

 

炭酸カルシウムの粉の修正プロセスでは、実際、融合の3つの面および変形は実現されなければならない:

CaCo3カルシウム粉+ステアリン酸+エネルギー

同時に、材料および修飾語の正確な比率を実現するためにプロセスの精密なフィードバック制御を、精密な質量法およびプロセス一定した温度方法のような実現することは必要である。ステアリン酸の適量(0.4%-0.8%)の非常に低い割合の大きい粒子のアグロメレーションのスクリーニングそして解重合を、考慮に入れて、炭酸カルシウムの粉は完全に塗られる。

 

カルシウムcarboanteのコータを必要としたら、私達に連絡しなさい:whatsapp:+86 188 998 76785電子メール:grindingmill88@gmail.com

 

calcium carbonate coating machine

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パブの時間 : 2022-02-16 20:58:41 >> ニュースのリスト
連絡先の詳細
Guangxi Henkry Machinery Co., Ltd

コンタクトパーソン: Mr. Henry

電話番号: +86 188 9987 6785

私達に直接お問い合わせを送信 (0 / 3000)